HOME » よくある質問 » 断熱

よくある質問 » 断熱

断熱に関するよくある質問

オゾン層を破壊する物質としてフロンがありますが、アイラ断熱工業で使用しているウレタンフォームは完全ノンフロンのためオゾン層を破壊する懸念はありません。

ページトップ

アイラ断熱工業で使用しているウレタンフォームの原料には、ホルムアルデヒドを使用しておりません。

ページトップ

ウレタン吹付断熱工法は、断熱材で家をすっぽり包むため気密性が高く、隙間風による冷暖房効果の低下がほとんどありません。そのため社内試験では、一般的な断熱材であるグラスウールと比べ、約32~35%の節電、節約となりました。
また通常の施工では、平成11年に定められた次世代省エネ基準(温熱等級Ⅳ)に対応していますが、その場合、平成4年に定められた新省エネ基準(温熱等級Ⅲ)と比べて、冷暖房費が約30%以上の節約になります。
※施工の厚みにより、省エネルギー効果に差がでます。

ページトップ

プラスチック系断熱材は、発泡ガスが断熱効果を発揮しますが、通常、そのガスは時間とともに大気中の空気と少しずつ入れ替わり、熱伝導率が低下します。
アイラ断熱工業で使用しているウレタンフォームの気泡にも空気が含まれていますが、気泡中の空気は大気中の空気と成分が同じのため、熱伝導率の劣化がありません。 

ページトップ

アイラ断熱工業で使用しているウレタンフォームは、熱伝導率が0.033W/m・Kです。
またアイラ断熱工業で使用しているウレタンフォームは、建物の細かい隙間にもしっかりと充填し密着するため、気密性に優れ、長期間の使用にも断熱性能の劣化、寸法変化はほとんどなく高い断熱効果を発揮します。

ページトップ

アイラ断熱工業で使用しているウレタンフォームには、以下のような特長があります。
1. 建物の細かい隙間にもしっかりと充填し密着するため、断熱と気密が1度に施工可能
2. 連続した柔軟な気泡構造のため、高い吸音性、防音性を発揮
3. 高断熱、高気密のため、冷暖房の効率が良くなり、電気代などの冷暖房費が軽減
4. 柱の腐り、金属の錆びの原因となる結露を抑え、家を長寿命化
5. 主に吹き付け作業だけのため、通常1~2日で施工が完成(工期の短縮)
6. フロンやホルムアルデヒドを含んでないため、地球にも人にも優しい

ページトップ

アイラ断熱工業で使用しているウレタンフォームは、建物の細かい隙間にもしっかりと充填し密着するため、繊維系やボード系の断熱材に比べて気密性が大変優れています。また施工後の寸法変化が小さいなど、長期間断熱効果を維持します。
またウレタン吹付断熱工法は、取り付け作業がなく、主に吹き付け作業だけのため、通常1~2日で施工が完成します。

ページトップ

アイシネンは経年劣化しません。初期の性能を保持します。
アイシネンは水発泡で、気泡の中に存在するのは空気です。
フロン系の発泡剤のようにいつの間にか抜けてしまったり、
硬質ウレタンのように加水分解してヘタリが起きたりはしません。
化学的にも水に強い発泡体になっています。
北米の有名な建築コンサルタント会社が、3年間の観測結果を元に、
" NON SHRINKING FOAM" (収縮しないフォーム)と発表しています。
気圧が変化しない限り、収縮や膨張はありません。
また、柱などの構造体が地震で動いたり乾燥で収縮しても、
アイシネンはしっかりと付着し続けます。
はがれて、そこにすき間が生じることはありません。
発泡体が、柔軟性の高い素材なのと、蛸足のように点接着になっているため、
構造物の微妙な動きにも追随できるようになっています。
付着の状態が面接着だと、このようなわけにはいかずはがれてしまいます。

ページトップ

アイシネンはオープンセルといって、連続気泡でそれぞれの気泡の壁が開いています。
透湿機能を持たせてあります。
一般に、オープンセルというと、水を吸っ たり、水蒸気を吸着したりすると考えがちですが、
アイシネンは吸水と水蒸気吸着がありません。
また水蒸気がフォーム内で移動すると結露がおきると思う人が 非常に多いのですが、
結露は、温度差がある水蒸気が直接ぶつかることで発生するので、
アイシネンのフォーム内での結露は発生しません。
もちろん、アイシネ ンの厚みが適切なものとなっていなければなりませんが。

ページトップ

このポリマーの結合は非常に強いものでしかも網目構造になっています。
一般に不活性(他の材料を攻撃しない)のポリマーは10年経年変化しなければその後、変化することはないというのが常識です。
市場に出す前には数年間かけて検証を行っていますので、
開発期間も加えると20年を超えるものになっています。
過酷な条件での使用ではなく、壁の中に納 まった状態であり、
湿熱に強い商品であることからも持続性が保証できるという事です。
20年後のフォームの状態を現場から切り取り、第三者機関で検証 してもらっています。

ページトップ

よくある質問トップページ | 防水 »

© aira Industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.