HOME » よくある質問 » 断熱 > アイシネン断熱システム » 在来工法は筋交いが多く、断熱材を埋めるのにすき間が残りやすいと聞きましたが、本当でしょうか。

よくある質問

アイシネン断熱システムに関するよくある質問

近年、耐震性強化のため筋交いと振動吸収機器が増えました。
施工ができないことはありませんが、その分、手間がかかるのは事実でしょう。
後は、現場の作業 者がどこまで丁寧に一つ一つのすき間を埋めていくかです。
職人さんの施工姿勢に、仕上がり精度が左右されるのが気になります。
アイシネンなら、研修を受け た認定スプレーヤーが吹き付けるので、そのようなことはありません。
だから「生涯保証書」も発行できるのです。
複雑な構造や住宅デザインを選ばないのがアイシネンの強みです。

よくある質問トップページ

© aira Industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.