HOME » よくある質問 » 断熱 » 省エネルギー効果はあるの?

よくある質問

ウレタン吹付断熱工法に関するよくある質問

ウレタン吹付断熱工法は、断熱材で家をすっぽり包むため気密性が高く、隙間風による冷暖房効果の低下がほとんどありません。そのため社内試験では、一般的な断熱材であるグラスウールと比べ、約32~35%の節電、節約となりました。
また通常の施工では、平成11年に定められた次世代省エネ基準(温熱等級Ⅳ)に対応していますが、その場合、平成4年に定められた新省エネ基準(温熱等級Ⅲ)と比べて、冷暖房費が約30%以上の節約になります。
※施工の厚みにより、省エネルギー効果に差がでます。

よくある質問トップページ

© aira Industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.